ウェブライターは方法によってはスマホでもできる!

副業を始めるにあたって初心者にもお勧めしたいのがウェブライターという仕事なのですが、初めて聞く人にとっては「ライター」という単語を聞くだけで「文章を考えて書くのは苦手」「タイピングが遅いので仕事が遅くなる」「パソコンを持っていないので仕事ができないのではないか」といったような不安や懸念を持っている方が多いようです。

ですが、ものは考えようです。ウェブライターはスマホやタブレットさえ持っていれば「簡単に」始めることはできます。もちろん文章作成や資料調査については慣れやセンスが必要ではありますが、それらの感覚は数さえこなしていけば徐々に罪上がってきます。今回は「ウェブライターを簡単に、手軽に始めるためにスマホを使って行う方法」をご紹介します。

ウェブライター

そもそも冒頭で紹介したウェブライターとは何かということをご理解いただくことが必要です。これは読んで字のごとく、ライターという職業なので文章を執筆する仕事です。
クライアントから指定されたキーワードをもって記事を執筆し、提出するものですが、低単価の代わりに簡単に執筆できるような依頼内容から高単価の代わりに専門知識が必要となるような依頼もあります。最初は簡単な内容から執筆を始めて慣れてきたら、高単価の仕事をこなしていくのが大まかな仕事の請け負い方です。

簡単に行う方法「音声入力を使う」

これはパソコンを持っていなかったり、タイピングが遅いという方もそうですし、パソコン操作はなれているもののそれ以上に文章を考えるほうがスピードが速いという人など、大多数にとって便利な方法でもあるのですが、文章をタイピングで入力するのではなく、音声入力でこなしていくというものです。

最近のスマートフォンには音声入力機能が備わっています。クラウドソーシングサイト経由で仕事を受注した場合、大体はそのサイト内で作業を行い提出を行います。
文章を打つためにボックスにカーソルを合わせると、音声入力を行うことができます。あとは書きたい文章をそのまま話していくだけで・・・。あとは簡単に文章が入力されていくというわけです。

この方法であればパソコンがなくてもすぐに取り掛かれますし、話し言葉の方が書くより文章をスムーズに出せるという人にとっても簡単に執筆作業ができるというわけです。かくいう私もその方法で仕事をこなしたりもするのですが、明らかに作業の完成スピードが異なります。